本文へ移動

一口交通ルール

常識ルールの再確認

JAF愛知支部交通安全実行委員会

 JAF(日本自動車連盟) が道路環境改善のため提案を受け、審議の上、関係機関に提案を行っている「交通安全実行委員会」があり、当協会も愛知支部の実行委員会に参加しています。ここに寄せられる案件の中には、環境改善よりも、むしろ交通ルールの周知の方が適切な場合がありますので、当協会として、ケースとルールに関して掲載していきます。参考にしていただければ幸いです。
 ルールについては、運転免許証更新時に配布される「わかる 身につく交通教本」(令和3年4月版)の関係ページを併せて案内しています。常識ルールの再確認をお願いします。

1 環状交差点(ラウンドアバウト)から出るときは合図が必要

 環状交差点も、形状により出る方向にカーブして見える場所もあるため、出る際に合図をしない車両があるということです。環状交差点から出る場合は合図が必要です、必ず進路変更する方向へ合図しましょう。
(教本76頁)
(図をクリックで拡大)

2 交差点内は停車禁止

 先方の信号交差点手前にある信号のない交差点内に信号待ちの自動車が停車するため、交差交通の支障になるということですが、当該交差点にはペイントも施されています。
 左の図赤丸枠の交差点です。(図をクリックで拡大)
 そもそも交差点は大小にかかわらず、全て駐停車禁止場所ですので誤らないようにしましょう。(教本82頁)
(一財)愛知県交通安全協会の場所
一般財団法人愛知県交通安全協会
〒462-0021
愛知県名古屋市北区成願寺1-6-50
TEL.052-981-7587
FAX.052-912-9645
1.交通安全事業
2.交通安全活動推進センターの業務
3.交通安全受託事業
4.協会の主な自主事業
2018.8.1 リニューアル
2
4
4
2
1
9
TOPへ戻る